fc2ブログ
やさしいニュース(取材編)
2019 / 12 / 19 ( Thu )
昨日 12月18日 当事業所のご利用者様の様子がテレビに取り上げられました。

番組名は「やさしいニュース」(テレビ大阪)。その中の「水曜トク集」という6分間の特集でした。

「失語症の方を取材させてもらえませんか?」…9月のある日に頂いた1本の電話から始まったこの動き。お電話口の方は、今年入職1年目の若い女性ディレクターさん。

ディレクターさん:「1人の失語症の人を通して、その大変さを伝えたい」
ことばの泉:「当事者の方も見ると思うので、大変なだけでなく、元気にもなる構成にしてほしい」

双方の思いを伝え合い、打ち合わせを重ね、11月に2日間かけて取材が入りました。

どの曜日のどなたにお願いするのかはとても重要なことでした。
・「わかってるのに言われへん」と言える人。
・マヒはあるが前向きに挑戦している人。
・ご家族や主治医、ケアマネさんなどの協力が得られる人。

利用者様サイドにも様々な状況がありました。
「限定されている場面(講演会など)はいいけど、不特定多数のテレビはイヤ」
「親戚や知人に病気のことを伝えてないから困る…」などなど…

様々な条件を鑑みた上で決定した取材。
それからオンエアまでの約1ヶ月。
ディレクターさんも我々もドキドキの1ヶ月でした。
20191220002121e87.png
201912200022198f4.jpeg
14 : 17 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
再度 復活します!
2019 / 12 / 19 ( Thu )
大変大変ごぶさたです。
長らくこのブログも進められず、ツイッターのみ細々と動かしていましたが、この度 再度 復活することにしました。
ホームページの更新もぼちぼちしていきます。
改めてまた、よろしくお願いします🙇‍♀️
12 : 35 : 40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
書籍
2014 / 07 / 24 ( Thu )
失語症や高次脳機能障害に関しては、医療機関でも十分に理解されていないのが現状です。
にも関わらず、資料となる文献もなかなか見つけられません。
そこで、お勧めの文献を随時、ご紹介していくことにしました。


今回ご紹介する本は、「マンガ家が描いた 失語症体験記 - 高次脳機能障害の世界 - 」失語症の症状はもとより、本人や家族の混乱、生活の工夫、気持ちの変化など、わかりやすい絵と解説が書かれてあります。

少しずつ分解しながら、当事者の方と一緒に見て頂きたい一冊です。体験記
11 : 27 : 07 | 書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
なかなかですが・・・(スタッフ紹介)
2014 / 06 / 20 ( Fri )
ブログを再開しました!と言って早1ヶ月(>_<)
月日のたつのはホントに早いですね。
6月は全国失語症友の会の多摩大会に参加したり、医療介護法が参議院を通ったりと、お伝えしたい大事な情報がたくさんありました。
それらの話題に入る前に、スタッフとその活動紹介をしておきたいと思います。
リレー形式で行いたいと思いますが、まず私から。

ことばの泉有限会社の代表と、「デイサービスことばの泉」の施設長をしています。
言語聴覚士で生活相談員の役割も行います。

失語症という後遺症の存在を知って25年。
まだまだ世の中に知られておらず、当事者とご家族は大変な生活を強いられています。
そんな生活を少しでも快適に過ごすお手伝いがしたい。
世の中にもっともっと知らせて、応援団を増やしていきたい。
そして、誰もが安心して生きられる社会を作りたい。
そんな大きなことを、小さな会社を作って細々と考えています。

皆さん、仲間になって下さい!
一人でも多くのお仲間に出会えるような新たな活動を考えています。
今後ともどうぞよろしく  (石原明美)
23 : 36 : 05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
再開します
2014 / 05 / 20 ( Tue )
皆さん、お久しぶりです。
ようやくブログを再開することが出来ました。
この間、「ことばの泉はどこへ行ったの?」という声を聞きながら焦るだけの毎日でした。

再開に至ったのは、強力な「人とのネットワーク」のおかげです。
ありがとうございます。

これから随時、情報を発信していきたいと思います。
ホームページも再開していますが、まだ一部リニューアルしきれていない所もありますのでご了承ください。

今後ともよろしくお願いします。(いずみ)
19 : 34 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |