fc2ブログ
やさしいニュース(感想編)
2019 / 12 / 23 ( Mon )
18日のテレビ放映後、毎日利用者の皆さんと一緒に、録画した番組を見ています。
視聴率はかなり高く、「先生の出てるやつ?」と記憶にも残っておられます。
(ちなみに私への呼び方は、先生、社長、ボス、石原さん、あんた… なんでも有りです😌)

感想は概ね好評。

ただ、失語症の症状は十人十色。

もっと発語の難しい方
情報を理解することが難しい方
見た目に軽度なので、周囲が困難性を理解してくれなくて困っている方
などなど…6分の中には触れられていないことも多々あります。

とりあえずご利用の皆さんには、アンケートという形で感想を頂こうと思っています。
ご協力、よろしくお願いします🙇‍♀️
スポンサーサイト



22 : 44 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
やさしいニュース(オンエア編)
2019 / 12 / 20 ( Fri )
12月18日の放映日は朝からちょっとソワソワ。
利用者様もご家族様もスタッフも、早くから録画したり、テレビの前にスタンバイしたり…。
そうしてさあ、オンエア!

特集は6分間だったので、始まるとあっという間に終わってしまいましたが、率直に言って、6分とは思えない内容で、プロはさすがだなぁと思いました。

言葉が出てこない苦悩、専門職の説明、失語症のある人の明るく前向きな笑顔、スタッフの思いや関わり、ご家族の自然体な日常…。
よくここまでまとめたなあと私は思いました。

確かに「あのシーンが無い」「この人がいない」ということも色々ありましたが、不特定多数の方が見る6分、ということで取捨選択は大変だったんだろうなぁと思います。
欲を言えば、ドキュメンタリーやシリーズ化をして欲しい!

けれど、「失語症を知ってもらいたい」という目的に対しては大満足の切り取り方でした。

見て下さった皆さんからも様々な感想を頂いています。

「事故や病気で突然なるという事、そういう事があると分かっててもどこか他人事やったけど、自分の中に入った…」
「理解しやすく心の伝わる内容で、思わずウルウルした」
「言葉では聞いていたけど、実際に映像があって、『そういうことなのか』と良くわかった」などなど…。

まだまだ皆さんの感想をお待ちしています。

兎にも角にも、
出演して下さった皆さん、取材を受けて下さった皆さん、また、取材及び編集・放映をして下さった皆さん、見て下さった皆さん、本当にありがとうございました!


20191220001949a0a.png
201912200120072d6.jpeg
2019122001210135b.png
01 : 18 : 18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
やさしいニュース(取材編)
2019 / 12 / 19 ( Thu )
昨日 12月18日 当事業所のご利用者様の様子がテレビに取り上げられました。

番組名は「やさしいニュース」(テレビ大阪)。その中の「水曜トク集」という6分間の特集でした。

「失語症の方を取材させてもらえませんか?」…9月のある日に頂いた1本の電話から始まったこの動き。お電話口の方は、今年入職1年目の若い女性ディレクターさん。

ディレクターさん:「1人の失語症の人を通して、その大変さを伝えたい」
ことばの泉:「当事者の方も見ると思うので、大変なだけでなく、元気にもなる構成にしてほしい」

双方の思いを伝え合い、打ち合わせを重ね、11月に2日間かけて取材が入りました。

どの曜日のどなたにお願いするのかはとても重要なことでした。
・「わかってるのに言われへん」と言える人。
・マヒはあるが前向きに挑戦している人。
・ご家族や主治医、ケアマネさんなどの協力が得られる人。

利用者様サイドにも様々な状況がありました。
「限定されている場面(講演会など)はいいけど、不特定多数のテレビはイヤ」
「親戚や知人に病気のことを伝えてないから困る…」などなど…

様々な条件を鑑みた上で決定した取材。
それからオンエアまでの約1ヶ月。
ディレクターさんも我々もドキドキの1ヶ月でした。
20191220002121e87.png
201912200022198f4.jpeg
14 : 17 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
再度 復活します!
2019 / 12 / 19 ( Thu )
大変大変ごぶさたです。
長らくこのブログも進められず、ツイッターのみ細々と動かしていましたが、この度 再度 復活することにしました。
ホームページの更新もぼちぼちしていきます。
改めてまた、よろしくお願いします🙇‍♀️
12 : 35 : 40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |